君の名は。 聖地糸守町の隕石落下を検証!諏訪にも隕石が落ちていた

投稿日: カテゴリー
クレーター

君の名は。のヒロイン三葉の住む糸守町にある湖のモデルは諏訪湖のようですね。映画のような隕石が諏訪に落ちたという記録はあるのでしょうか。実は「諏訪隕石」というものが発見されていたのです。

今からおよそ100年に前に発見された「諏訪隕石」は発見後に行方不明となり近年再発見されました。

「諏訪隕石」のたどった謎めいた経過から幻の隕石といわれています。

諏訪隕石の発見

「諏訪隕石」は諏訪市の東側にそびえる八ヶ岳連峰を、上田市方面に向かって超えてときに通過する峠が和田峠です。

「諏訪隕石」はその和田峠付近で見つかっています。

長野市立博物館の「博物館だより第78号」(2011年8月31日)に「諏訪隕石」について発見から現在にいたる経過が書かれています。

博物館だよりによりますと、

八木貞助さんという研究者が1923年発行の「信濃鉱物誌」に「諏訪隕石」のことを発表されています。

実際にいつ隕石が落下したかということは定かではなく、発見された時期も明治より前のこととしかわかりません。

どんな形をしていたか

楕円形で大きさは縦4cm?横4cm?高さ3cm程度です。

表面は滑らかで、いくつかの小さな凹凸が見られます。

重量は約300グラム、比重は7.4と重く、金属でできていることが分かります。

とあり、手のひらに乗る小さいものだったようです。

発見されたのは1個のみで、ほかにも付近に隕石があったかどうかについてはわかりません。

隕石の鑑定と謎の行方不明

大正の初期に「諏訪隕石」の分析が試みられ鉄隕石と判定されました。

ところが、その後隕石の行方がわからなくなり、「諏訪隕石」の存在は謎となっていました。

「諏訪隕石」を発表された八木さんも他界され隕石の行方は不明のままの状態が続きました。

諏訪隕石の再発見

最近のこと、2011年に長野市にある長野県立長野西高等学校に「諏訪隕石」があることがわかりました。

標本を確かめたところ「諏訪隕石」であると判明しました。

90年ぶりに姿を現した「諏訪隕石」がどういう経過で長野市の高校に保管されることになったのでしょうか。

今となっては謎のままです。
果たしてそれは「諏訪隕石」と同一のものなのでしょうか。

早速再発見された隕石は分析に回されました。

分析結果

現代の科学により改めて分析を行ったところ、「諏訪隕石」には鉄隕石に含まれてはずのニッケルがまったく含まれていないと分かりました。

その結果「諏訪隕石」隕石ではないとの結論に達したということです。

まとめ

・かつて「諏訪隕石」が見つかった。

・100年近く行方不明となり長野市内の高校で再発見された。

・分析により「諏訪隕石」隕石ではないと結論付けられた。

・しかし、「行方不明」になった隕石と再発見されたものが同一と誰も証明できない。

・諏訪に隕石が降らなかったとは誰も言えない。

アニメ映画「君の名は。」の糸守町や隕石落下について以下の記事で取り上げました。
ぜひチェックしてみてください。
君の名は。の聖地巡礼!1300年前の隕石落下事件を調べたら須賀神社が浮上、聖地か?
君の名は。聖地糸守町のモデルを検証!岐阜県に隕石落下の歴史があった
君の名は。 聖地糸守町の隕石落下を検証!諏訪にも隕石が落ちていた
隕石落下で湖も出現か?日本にもあった!巨大な御池山クレーター



ピース又吉さんが恋愛小説「劇場」発表![blogcard url=”http://jamaneco.com/matayoshi-gekijo/″]

LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket