君の名は。聖地糸守町のモデルを検証!岐阜県に隕石落下の歴史があった

投稿日: カテゴリー
隕石

新見誠監督のアニメ映画「君の名は。」のモデルは岐阜県飛騨市らしいですね。
この辺りでは糸守町と同じく、隕石が落ちてきたという歴史はあるのでしょうか。

美濃隕石という事件

岐阜県内への隕石落下の歴史ですが、はっきり判明しているのは、1909年7月24日に、現在の岐阜市、美濃市、関市、山県市に南西の方角から多数の隕石が落下したということです。

美濃地方に落下したので「美濃隕石」と呼ばれています。

落ちてくる際に白煙を上げた火球現象もあり、29個の隕石が見つかっています。

最大のものは4キログラムもあり、人に当たれば即死する恐ろしい光景だったろうと想像できます。

隕石雨

発見された隕石は29個ですが、その時には大量の隕石が降ってききたのだといいます。

このように雨の如く隕石が降ってくる現象を「隕石雨(いんせきう)というのだそうです。

この「隕石雨」には町を吹き飛ばす程の威力はないようです。

町を吹き飛ばす隕石衝突の痕跡を発見

2億1500千万年ほど前に大隕石が衝突した跡が岐阜県内の地層から発見されています。

映画の中で1300年前に隕石のかけらが町に落ちたという時よりはるかに昔、太古の出来事ですね。

隕石衝突の痕跡というのは、岐阜県内で地面の下層にある太古の地層を調べたところ、隕石の成分が検出されたのできっと隕石が衝突したのではないかと推測されるということです。

発見された場所は岐阜県・坂祝町の木曽川沿岸の地層からで、同様のものは大分県・津久見市の津久見湾沿岸からも見つかり大規模な衝突だったことがうかがえます。

2億2千万年前には生物の大量絶滅があった時期で、岐阜県内の古い地層はこの時期と重なりますね。

飛騨地方へ隕石が落ちたという記録は見つからない

糸守町のモデルと言われる飛騨地方に隕石が落ちたという記録はあるのでしょうか。

調べてみたところ、飛騨地方への隕石の記録は見つかりませんでした。

まとめ

・飛騨地方には大隕石が落下したという記録は見つかりませんでした。

・隕石が衝突して町が消失したという映画の設定のモデルは他の国にあってそれがモデルになったのだろうかという疑問が残りました。

アニメ映画「君の名は。」の糸守町や隕石落下について以下の記事で取り上げました。
ぜひチェックしてみてください。

君の名は。の聖地!諏訪湖が見える立石公園の場所と行き方・アクセス
君の名は。の聖地巡礼!1300年前の隕石落下事件を調べたら須賀神社が浮上、聖地か?
君の名は。 聖地糸守町の隕石落下を検証!諏訪にも隕石が落ちていた
隕石落下で湖も出現か?日本にもあった!巨大な御池山クレーター



ピース又吉さんが恋愛小説「劇場」発表![blogcard url=”http://jamaneco.com/matayoshi-gekijo/″]

LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket