オール巨人の息子はドラコンチャンピオン!ゴルフの飛ばし屋

投稿日: カテゴリー
ゴルフ

コルフボールを遠くまで飛ばせる人は羨望の的です。漫才界の人気者オール巨人さんの息子さんはドラコン日本大会のチャンピオンでゴルフ界で活躍されている方でした。

オール巨人さんは歌手として人気だった

オール巨人さんは漫才ばかりでなく、歌も実力派として知られ、NHKのラジオ深夜便の中で歌っていた「男の子守唄」がリスナーを中心に静かな大ヒット。

オリコンデイリーランキングの演歌・歌謡曲部門でいきなり2位となったという歌唱力の持ち主でもあります。

オール巨人さんには二人の息子さんがいらっしゃるそうで、ご長男はゴルフ界で活躍されている南出仁寛(みなみで きみひろ)さんで、タレントとしてテレビなどにも出演されています。

南出仁寛さんはプロゴルファーだった

南出仁寛さんは15歳からゴルフをはじめ、大阪桐蔭高校時代はインターハイに出場した実力の持ち主です。

大学卒業後はオーストラリアへゴルフ留学されプロゴルファーの道に進みました。

1978年1月6日生まれで身長178Cm

奥様は中日ドラゴンズの山井大介投手の妹さんです。

じつは、南出仁寛さんはゴルフの飛ばし屋として日本中に名前を轟かせています。

ドラコン日本一に3回

ドラコンは、ドライビングコンテストの略称で、ゴルフツアーやゴルフの大会でドライバーの飛距離が一番になった人に賞金や賞品がプレゼントされるというお楽しみイベントです。

ゴルファーには自分の打球をより遠くに飛ばしたいという本能的な願望があります。

ドラコンのチャンピオンになるということはプロ・アマを問わずゴルファーの勲章なのです。

ドラコンはただ遠くへ飛ばすだけではなく正確さも必要です。

そこがむずかしいところでもあり、面白いところでもあるわけで、最近は、ドラコンだけを単独競技として取り上げ、世界一を決める競技会が開催され人気を集めています。

日本ではLDAワールド・ロング・ドライブ・チャンピオン日本大会として開催され、日本大会での優勝者が世界ドラコン選手権(WLDC)へと出場できます。

南出仁寛さんはLDA日本大会に出場し2008年、2010年、2011年と3回にわたりWLDC日本大会で優勝した飛ばし屋日本一の座に輝いたプロゴルファーです。

LDJ主催 ワールド ロング ドライブ チャンピオンシップ日本大会 歴代優勝者

2015年大会:和田正義(記録:370ヤード)

2014年大会:落合基樹(記録:343ヤード)

2013年大会:永原総太朗(記録:346ヤード)

2012年大会:永原総太朗(記録:329ヤード)

2011年大会:南出仁寛(記録:336ヤード)

2010年大会:南出仁寛(記録:359ヤード)

2009年大会:酉川博文(記録:359ヤード)

2008年大会:南出仁寛(記録:357ヤード)

【LDJ-ロング・ドライバーズ・オブ・ジャパン公式サイト】

最近は活動の場をイベントやTVへ

ドランコン大会にはプロゴルファーの皆さんも腕試しに参加されているようです。

南出仁寛さんの現在の活動はゴルフ関係企業のトークショーへの出演やバラエティーなどにも出演されており、芸能関係の仕事への関わりが増えているようです。

南出仁寛さんの優勝経験を活かして、ゴルフのいろいろな面白さをもっと広めてもらったらゴルフのファンがさらに増えますね。

LINEで送る
Facebook にシェア
Pocket